ほうれい線って10代だからとか関係ない!

ほうれい線って、お肌にハリなどが失われてくる30代とか40代以上の女性が気になる悩み!ってイメージがありますが、意外と10代の方でもほうれい線を気にしている方が多いんですよね。

やっぱり、多感な時期ですし、彼氏、彼女が欲しい、振られたくない!ってことで容姿などを必要以上に気にかけるようになってしまう年頃ですもんね。
ほうれい線があると、年齢以上に老けて見られたりすることもあるので、出来ることならほうれい線を消したい!って思っちゃいますよね。

10代でほうれい線ができる原因としては、筋肉の衰えとかお肌の新陳代謝が低下していることが考えられるのですが、お肌の乾燥がほうれい線を引き起こしているケースがとっても多いようです。
10代は、皮脂の分泌が多い年代なのですが、それがニキビの原因にもなるということで必要以上に洗顔をして、顔の皮脂を奪ってしまい、乾燥しているということがあるとか。
しかも、10代は、それほど化粧品にお金をかけられないから、保湿成分などが入った化粧水じゃなく、プチプラな化粧水で間に合わせてしまうなども原因みたい。
それを改善するためにも、まずは皮脂を取り過ぎないような洗顔料に変えて、しっかり保湿を行うことが大事。

そして、表情筋を鍛えるようにして、リフトアップを目指していくといいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です