ほうれい線と日焼け、紫外線対策

ほうれい線の原因にはいろいろな原因がありますが、紫外線による
お肌のトラブルが原因になることもあるようです。

歳を重ねるにつれて、紫外線への予防などもしっかりと行うように
なってきますが、若い内はそんなこと気にすることなく、無防備に
紫外線に肌を晒してしまい、それが将来ほうれい線に大きな
影響を与える結果になってしまうことも。

紫外線は、メリットももちろんあるのですが、デメリットももちろん
あるわけで、よく言われるのが、皮膚を形成するコラーゲンの繊維に
影響を与えることで、皮膚の老齢化を加速するというもの。

紫外線というと、シミ、ソバカスなどの原因というものをイメージする
ことが多いですが、お肌のハリを維持するコラーゲンにも大きな
ダメージを与えることで、ほうれい線やマリオットラインの原因にも
なってしまいます。

特に、夏場の直射日光を素肌に無防備に浴びるのは危険ですから、
出来るだけ日焼け対策を行って、外出したり、海やプールなどでも、
海やプールから上がる度に日焼けクリームを塗るなどの対策を
心がけたいところです。

また、日焼けしてしまったら、しっかりと冷やして水分補給するなどの
スキンケアを行うことが大切です。

日焼け後というのは、皮膚の角質水分が不足し、乾燥してしまいます。

お肌の乾燥対策がほうれい線を予防する、消すためにも大切な対策に
なります。

保湿性の高い化粧水などを使い、しっかり水分補給をして、お肌の潤いを
保つことで、ほうれい線になるのを防ぐようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です