ほうれい線治療の方法と悩み

ほうれい線をフェイスマッサージ、フェイササイズなどで自力で
消すことができれば一番良いのでしょうが、やはりそれには、
時間も労力もかかるので、面倒なことが大嫌い!という人や
飽きっぽい人には、なかなか難しいですよね。

そういう意味では、美容整形などで行われているほうれい線を
消す治療や手術などは、手軽に行えてそれなりの効果も得られる
ので便利といえば便利ですよね。

となると、一般的に美容整形クリニックなどでは、どのような
手術、またはほうれい線の治療というものが行われているのか?
きになりますよね。

また、それを実際に行う際の悩みというか、不安などはどんな
ものなのか?

まずは、ほうれい線の治療法についてですが、一般的には
“ヒアルロン酸の注入”による治療が多いようです。

ヒアルロン酸の注入による治療は、ほうれい線そのものに
ヒアルロン酸を注入するのではなく、唇の周りなどに注入を
することで、ほうれい線を目立たせなくする方法をとる先生が
多いようです。

また、整形外科の先生によっては、“ほうれい線ができる原因”
によって、治療法も変わってくると仰る方もいます。
その場合は、上記のヒアルロン酸の注入ではなく、レーザー治療
を施したり、たるみに効果のある高周波治療器のサーマクール
というものをつかたりすることもあるようです。

どういった治療を受けるにしても、副作用とか、術後、治療後の
状況などが治療を受ける側としては心配であり、悩みですよね。

そういった、悩みに明確に、しかも私たちの気持ちを労わるような
説明や言葉遣いをしてくれるクリニックなどを選んだ方が、安心
して任せられると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です