ディメンショナルリフトはほうれい線消しへの効果

美容形成外科の若返り整形術として話題になっているディメンショナルリフト
について紹介します。

ディメンショナルリフトとは、従来の糸を使ったリフトアップ法よりも
お肌のたるみを引き上げる力が増し、さらにリフトアップ効果の持続力が
格段に高まった施術です。

このディメンショナルリフトは、聖心美容外科のオリジナルリフトアップ術で
皮膚を切開することなく、コグという返し(引っかけ部分)がついた糸を
皮下組織に注入してたるみを引き上げる、お肌に傷がつきにくい、
切らないリフトアップ術なんです。

具体的なディメンショナルリフトの施術の内容としては、特殊構造の
糸を使い、より多くの糸で立体的にお肌を引っ張り上げることで、
従来の糸を使ったリフトアップ方法では手術によるリフトアップに
劣っていた引き上げ力と持続力をアップでき、さらに狭い範囲に
立体的に特殊構造の糸を通すことで、切開による手術と違い、
手術直後でも腫れが出にくいという特徴もあります。

これまでの糸を使った施術方法では、患者さんの負担自体は
少なかったものの、切開手術に比べては効果が物足りない!
という欠点がありましたが、このディメンショナルリフトによって
負担の軽さはそのままで手術にも劣らない効果をだすことが
できるようになっています。

聖心美容外科のホームページなどで体験者のビフォーアフターの
写真でも、術後のほうれい線はばっちりきれいになっています。

そういう意味では、ほうれい線は消したいけど、面倒なフェイササイズや
ストレッチ、運動などはしたくない。
だけど、手術で顔に傷が残るようなリスクは避けたい!という方には
かなり嬉しい施術法ですね。

ただ、聖心美容外科ののディメンショナルリフトは、費用が56万円と
個人的な意見としては、ちょっとここまでは払えないなぁって感じですので
わたしのようなタイプの方であれば、このディメンショナルリフトよるも、
フェイササイズなどで努力をするしかなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です