二重ほうれい線になりやすい顔

ほうれい線は、見た目の年齢に大きな影響を与えるしわですが、
それに加えて、マリオットラインの加わった二重ほうれい線に
なると、もっと年齢がいったような雰囲気になってしまいます。

ほうれい線が気になる方は、ほうれい線予防や対策などに余念が
無いと思いますが、そもそもほうれい線ができやすい顔といううのが
あるのでしょうか?

特に二重法令線になりやすい顔、なり難い顔なんてことが分かれば、
対策を打ちやすくなるし、それによって効果も出やすくなるかもしれま
せん。

では、二重ほうれい線になりやすい顔というのは、どのような顔なので
しょうか?

二重ほうれい線になりやすいタイプの顔は、やはり口角が下がって
いる、そして鼻と口の間隔が狭く、顎が細い方なんだそうです。

あの大女優、オードリーヘプバーンの晩年のお顔などを拝見すると
二重ほうれい線が入っていますよね。

ある意味二重ほうれい線になりやすい顔の典型といえるのかも
しれません。

では逆に、二重ほうれい線になりにくい顔というのは、どのような
顔のタイプかというと、鼻と口の間隔が広めで、あごがしっかりして
いて、口角が上がっているタイプ。

やはり口角が下がって唇が開きやすい人というのは、口元の筋肉が
弱いケースが多いので、年齢とともにマリオネットラインができやすく
なったり、たるみでほうれい線ができやすくなったりするようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です