口周りのたるみへの対策方法

ほうれい線にも大きく影響してくる口周りのたるみ。
まぁ、俗にマリオネットラインなんかにも影響してきますよね。

口周りのたるみって、年齢を重ねれば自然と重力に逆らえずにたるむもの!って思っている方もいるかもしれませんが、しっかり対応すれば、ちゃんとたるみの改善もできるみたい。

口周りのたるみって、そもそもどうして起こるの?って思いますよね。
多くの場合は、口周り、頬周辺につく脂肪が原因みたいです。

その脂肪が徐々について、重くなってくることで垂れ下がってくるようになるようです。

では、そうならないためにどのような対策をすればいいのか?ってことなんですが、一番いいのは、しっかりと噛む!ということ。
咀嚼をすることで、口周りの筋肉がついてひっぱり上げられるようになるそうです。

まぁ、最近は柔らかい食べものが多いし、お肉とかでも、グルメ番組とかで、

「口に入れた瞬間に、溶けました~」

なんてコメントも多いですよね。
別にそのコメントが悪いってわけじゃなくって、それくらい柔らかい食べ物が多くなっているから、その分噛まなくてよくなっているんですよね。

だから、知らず知らずのうちに顎の筋肉が落ちて、口周りに脂肪がついてたるんできちゃうわけですね。

そうならないためには、ご飯もしっかり30回くらい噛む!ッてことが大事ですね。
しっかり噛めば、その分唾液も出てくるので、消化もしっかりされるから、内臓腐敗とかもふせげるので、まさに一石二鳥ですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です